「動物園に行く前に」実行委員会 定款



【第1章】総則

(名称)
第1条  この任意団体は、「動物園に行く前に」実行委員会と称する。

(事務所)
第2条  この任意団体は主たる事務所を事務局長宅(共同代表・渡部 治)に置く。


【第2章】目的及び事業

(目的)
第3条  この任意団体は、キャッチフレーズ通りに「動物園に行く前に」ちょっとだけでも、その場にいる動物たちに対して、自分の身になって考えてもらう機会を啓発し、強いては動物園の存在意義と必要性をも含め、現代の動物園の実態、あるべき姿について考えていく事を目的とする。

(事業の種類)
第4条  この任意団体は前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の活動を行う。
 (1)インターネットを利用した、呼びかけなどの活動。
 (2)施設への提言や意見提出などによる社会的活動。
 (3)メールマガジンやホームページなどによる、普及活動。
 (4)動物の権利を守る様々な活動。
 (5)街頭でのパンフレット配布やパネル展などによる、普及活動。ただし、動物園門前や動物園内での普及活動は行わない。
 (6)動物園などの施設の状況を調査し、その状況改善などに寄与をする活動。

第4条(附則) この団体は営利に関わる活動は行わない。


【第3章】会員

(会員の種類)
第5条  この任意団体は以下の2種類をもって会員とする。
 (1)正会員 この団体の目的に賛同して入会し、共同代表の承認を得た個人、または団体。議決権を有する。
 (2)賛助会員 この団体の事業を賛助するために入会した、個人、または団体。議決権を有しない。
 (3)賛同会員 この団体の目的に賛同する個人、または団体。議決権を有しない。

第5条(附則) 団体の事業による会員に対する義務は発生しない。また、会員に対する義務も特に定めない。

(入会)
第6条  1,会員に関する条件は目的に賛同し、意を同じくする個人、または団体とする。
      2、入会しようとするものはメールにより申込書を提出し、共同代表は正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
      3、共同代表は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)
第7条  会員の入会金、会費は特に定めない。

(会員の資格の喪失)
第8条  会員が次の各号のひとつに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
  (1) 退会届の提出をしたとき。
  (2) 本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
  (3) 会員が目的に賛同しないと明らかになったとき。
  (4) 除名されたとき。

(退会)
第9条  会員は任意に退会をする事が出来る。その際は文書をもって提出をする。

(除名)
第10条  会員が次の各号のひとつに該当するに至ったときは、共同代表間の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
 (1) この定款等に違反したとき。
 (2) この団体の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。


【第4章】  役員及び職員

(種別及び定数)
第11条 この団体に次の役員を置く。
 (1) 共同代表 3人
 (2) 理事・監事 未定
 (3) 事務局長 1人

 2,役員の任期は2年とする。しかし、再任は妨げない。

(職務)
第12条 事務局長はこの団体を代表し、その業務を統括する。また、会計や事業などの業務も共同代表間での決定により、一括して行う。

 1,ただし、この団体の事業その他の業務に関する事の最高権限は設立発起人が有する。

(職員)
第13条 この団体に常勤の職員は置かない。全て意を同一にしたボランティアによってまかなう。

(解任)
第14条 役員は職務や目的に著しく違反した場合はそれを共同代表の決議にて解任することが出来る。


【第5章】 総会

(総会)
第15条 この団体の総会は共同代表で決議し、随時開催するものとする。
 総会では以下のことを決議する。
 (1)定款、事業等の変更
 (2)解散
 (3)事業報告、決算報告、及び収支予算や事業予定
 (4)その他団体の運営に関する重要事項

 2,総会は共同代表間で決議し、ホームページに掲載をし、会員からの表決を取るものとする。
 3,表決は過半数以上の賛成がなければ、その議案は採択出来ない。
 4,総会の議決を要しないと思われる議案については、共同代表間で議決をすれば、成立するものとする。

(議事録)
第16条 総会では議事録を作成し、ホームページにて公開をする。


【第6章】 事業に関する報告

(事業報告書及び決算)
第17条 事務局長は事業年度終了後、2ヶ月以内に事業報告書並びに決算報告をしなければならない。
 2,報告書は共同代表間で監査を経て、役員間で承認されたものでなければならない。
 3,報告書はホームページに承認後、速やかに掲載しなければならない。

(事業年度)
第18条 この団体の事業年度は毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。


【第7章】 定款の委任

(委任)
第19条 この定款に定めのない事項は役員間での決議を経て、共同代表が別に定める。


【第8章】 定款の変更

(定款の変更)
第20条 この団体が定款を変更しようとするときは、共同代表で協議をし、議決決定をする。


【第9章】 公告の方法

(公告の方法)
第21条 この団体の公告は、この団体のホームページの掲載をもって行う。


【第10章】 雑則

(細則)
第22条 この定款の施行について必要な細則は、共同代表の決議を経て、これを定める。


   附 則
1 この定款は、この団体の成立の日、2015年7月12日から施行する。
2 この団体の設立当初の役員は、次に掲げる者とする。

 共同代表・設立発起人  小櫻 千明
 共同代表・事務局長    渡部 治
 共同代表・運営委員    桑原美穂子

 ・・・・役員・以下余白


2015年7月12日追加
(細則)

第23条 当団体に寄せられた、メール、入会申込みなどは、事務局長が共同代表のメールにも転送をし、共同代表間で適切な返信を決定して返信をする。
      その際に返信者はメールを受け取る、事務局長とは限らず、共同代表のうちの1人が返信をする事とする。

第24条 役員間では情報共有を常に行うために、メールの送信は全て全役員同報メールとする。



 ・・・・以下余白


2015年12月27日 第5条に(3)賛同会員 を追加。