設立にあたって



「動物園に行く前に」実行委員会は、2015年7月12日、鹿児島県のNPO法人ミュージカル劇団エルフシアターさんの”THE ZOO”公演を機会に小櫻千明(共同代表)の呼びかけによって、設立されました。

この同劇団公演の際には、PEACEさんと共同で協賛広告も掲出しました。

動物園には本来の役割と機能があります。

その役割と機能とは、動物園学入門(2014年、村田浩一・成島悦雄・原久美子、朝倉書店)では、以下のように定義しています。

①種の保存
②教育・環境教育
③調査・研究
④レクリエーション

とし、その4つの存在意義があるとも記されています。

しかし、現代の動物園はどうでしょうか。

細かいことは、他項に譲るとして、少なくともこの定義に見合った役割と機能をきちんと果たしている動物園は殆どないとも言えるでしょう。

また、何故動物園に行くのでしょうか。

楽しいから、面白いから、かわいいから・・・それぞれ思うところは色々とあるでしょう。

しかし、その前に良く考えてみて欲しいのです。

それが、『「動物園に行く前に」ちょっとだけでも動物たちの事を考えてみませんか。』と言うキャッチフレーズに通じてくるのです。

そして、動物園にいる動物たちを自分の身に置き換えて考えてみて頂ければと思うのです。

動物たちの身になって、自分がもしそこにいる動物たちだったら、どう思うだろうと言う事を考えて欲しいと思うのです。

人間関係では良く、相手の身になって、他人の身になって、と言う言葉が良く言われます。

しかし、相手が人間以外になるとどうして、その身になって考えてあげられないのでしょうか。

動物だから良いと言う事はないはずです。それは明らかな種差別でもあります。

そう言った点に関して、考えて行こうと言うのが、、この「動物園に行く前に」実行委員会設立のひとつの目的でもあります。

強いては、そこから、現代の動物園の存在意義を問い、健全な動物園への提言などをもって、社会的に貢献する事も視野に入れています。

最終的には、動物園だけではなく、水族館や現代の動物たちの扱い全般にも言及していきたいと思っています。

是非、「動物園に行く前に」、いわゆる手軽にいつでも動物たちを見ることが出来る、だからこそ、そこから動物たちの事を考え、自分の身に置き換えてみると言う事からスタートをし、動物園とは何かと言う事を考えて頂きたいと思うのです。


                                         2015年7月12日  共同代表(事務局長兼任)  渡部 治